キャンピングカー キャンピングカーとお金

【キャンピングカーの維持費】自動車税・車検費用も含めた実際の年間維持費をキャンピングカーオーナーの私が解説します

2020年5月30日

 

キャンピングカー購入に興味があるんだけど、購入価格だけじゃなく維持費がどのくらいかかるのかを知っておきたい。

維持できるかどうか計算してみたいから、実際にどのくらい支払っているのかを教えて欲しい。

 

本記事は、こんな疑問にお答えしていきます。

 

2018年からキャンピングカーオーナーである我が家が実際に支払ってきた額を元に、年間維持費の例をご紹介します。
ゆうり

 

本記事の内容

  • キャンピングカーの年間維持費合計額を公開
  • 内訳(自動車保険代・自動車税・車検費用・修繕費用・夏冬タイヤ交換費用・駐車場代・ガソリン代)を公開

 

キャンピングカー年間維持費合計額とその内訳

まず、キャンピングカーの年間維持費の合計額。

うちの場合は大体60万円ほどです。

 

ポイント

キャンピングカー年間維持費合計額は、約60万円

 

その内訳を詳しく見ていきましょう。

 

毎月必要なもの・詳細額

毎月支払いが必要になる項目と、その詳細額です。

  1. 駐車場
  2. 自動車保険(任意)
  3. ガソリン(我が家は週末短距離での利用)
1.駐車場   8,000円(96,000円/年)
2.自動車保険(任意)   9,000円(108,000円/年)
3.ガソリン 20,000円(24,0000円/年)
駐車場代は、ゼロになる人もいればもっと高くなる人もいるね。
そうですね。ガソリン代も、日本一周したい!といった長距離利用の人はもっと高くなります。
ゆうり

 

自動車保険には車両保険もつけているの?
はい。特殊車両なので、事故の場合の修理代が高くなる可能性を考えて。盗難保険もしっかりつけていますよ。
ゆうり

 

年に1回必要なもの・詳細額

年に1回必ず必要なのが、自動車税

毎年5月頃に納付書が送付されてきます。

自動車税

自動車税 31,600円(1年)
どんなタイプのキャンピングカーに乗ってて31,600円なの?
8ナンバーのライトキャブコンタイプのキャンピングカーに乗っています。
ゆうり

 

注意ポイント

どのタイプのキャンピングカーに乗るかによって自動車税額が変わってくるので、購入前にディーラーさんにしっかり確認して下さい。

 

年に2回必要なもの・詳細額

うちは毎年夏・冬でタイヤを履き替えているので、この交換費用もかかってきます。

タイヤ交換費用

タイヤ交換(ノーマル⇨スタッドレス) 10,000円
タイヤ交換(スタッドレス⇨ノーマル) 10,000円
タイヤ履き替えは絶対に必要?
絶対に雪がふらない地域なら履き替えなくても良いと思いますが、少しでも降る可能性がある地域は毎年交換すべきです。
ゆうり
雪が降ったら絶対に車を動かさないというのであれば話は別ですが、例えば旅行先で突然予想していなかった雪に降られる可能性もあります。
ゆうり

 

重要

事故防止の為の車両管理・タイヤ管理は、オーナーとして第一優先で考えるべきことです。

 

2年に1回必要なもの・詳細額

2年に1回、大事な車検があります。

車検費用

車検費用 10万円~
これは法定費用込み?
そうです。法定費用・車検基本費用・部品交換費用込みです。
ゆうり
15万円くらいあれば足りる?
車両の重量にもよるので、もっとかかる場合もあります。

また、かなり古い中古キャンピングカーを購入すれば交換すべき部品も多くなる可能性があり、その結果金額も増えると思います。

ゆうり

 

突発的に必要なもの・詳細額

キャンピングカーは消耗品であることから、どうしても修繕費用はかかります。

また、設備を増強させたい場合などはオプション取付け費用が必要となります。

  1. 修繕費用
  2. オプション取付費用
1.修繕費用 20,000円/年
2.オプション取付費用 50,000円/年

修繕費用は完全に内容によりけりです。

マーカーランプ切れの交換・タイヤ劣化による購入交換・バッテリー交換など様々。

雑な扱いをしていなければ毎年のように交換ということにはならないので、大体年20,000円ほどを積み立てていくという考えで良いのではないでしょうか。

毎年2万円かかるという意味ではなく、平均したらこのくらいということですね。
ですです。
ゆうり

 

ポイント

オプション設備増強しないのであれば、オプション取付費用はゼロになります。

 

うちはベンチレーター(換気扇)を上位モデルタイプに交換したり、ブレーキパッドを強化ブレーキパッドに交換しました。増強増強。
ゆうり

 

マックスファン
参考【マックスファン】取り付け費用は?キャンピングカーに必要?実際に交換した私が、導入すべきパターン3選と共に解説します!

続きを見る

 

まとめ:維持費を捻出させるために必要なこと

紹介してきた費用を合計すると年間約60万円となります。

これは1ヶ月に5万円の計算。

月5万円も余裕ないよ。
そうでしょうか?家計の中では「実は無駄遣い」というものが結構あるんです。
ゆうり
例えば?
民間医療保険に月何万円も支払っていたり、スマホの契約が格安スマホじゃなかったり。
ゆうり
【ふるさと納税】を利用して節税するなど、給料を増やすことより守りを固める事で月5万円の維持費を確保出来る可能性はありますよ。
ゆうり

 

維持費捻出ポイント

収入を増やすより、支出を減らすほうがスグに出来る

 

なるほど!今もっているお金が出ていかないように、【守る力】を身につければいいんだ!
うちも28歳の結婚当初からその方法を実践してきたおかげで、36歳でキャンピングカーを現金一括で買うことが出来ました。
ゆうり
なんか、ぼくに出来そうな気がしてきた!

 

ぜひ支出の見直しをして、キャンピングカー維持費を捻出して下さいね。
ゆうり
面倒だけど、キャンピングカーの為にがんばる~!!

 

 

  • この記事を書いた人

ゆうり

2018年5月~キャンピングカーオーナーの30代ママです。キャンピングカーやアウトドアに役立つ情報を発信しています。

-キャンピングカー, キャンピングカーとお金
-,

© 2020 Nomadism LifeⅡ